人気ブログランキング |
excitemusic

香港在住の私が、奥さんの田舎タイランドや日本へ出かけたときの記録です。煩雑な更新はできていません。
by seensaai
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タイの田舎で年末年始 その3

タイの田舎で年末年始 その3_e0401354_23382233.jpg

タイでは西暦の正月は元旦だけ休日で2日からは通常通りとなるので、子供たちは学校に行きます。親戚が子供を迎えに行くというので一緒に車で行きました。子供をピックアップしたあとわき道を入って林の中に入っていきました。どこに行くのだろうと思っていたらワット(お寺)でした。境内に着いたのですが車はそのまま細い道をさらに進んでいってメコン河畔に着きました。そばにはメコン川を望むように大きな金ぴかの大仏様が鎮座しておられました。
タイの田舎で年末年始 その3_e0401354_23384917.jpg
田舎の集落なのにこんな立派な大仏があるとはびっくりです。街中や集落の中にある大仏も良いですが、このように川を眺める大仏も静寂感があっていいです。
タイの田舎で年末年始 その3_e0401354_23391361.jpg
再び細い道を戻って本堂の前に出ました。こちらにも立派な仏像が安置されていました。思いがけず初詣ができました。ところで、このお寺本堂の周りに変わった動物がうろうろしていました。なんと孔雀です。
タイの田舎で年末年始 その3_e0401354_23392493.jpg

本堂でお参りをしているとうしろでガサガサ音がしていました。なんだろうと振り返ってみると孔雀がのそのそと歩いているのでした。残念ながら羽を広げているところは見ることができませんでした。親戚が羽を広げているところを写真に撮っていたので見せてもらいましたが、なかなか美しいものでした。タイでは猿とか虎とか動物を飼っているお寺がありますが、孔雀とは予想外でした。

# by seensaai | 2020-03-03 23:51 | タイ 田舎

タイの田舎で年末年始 その2

かみさんの家に着いたのは夕方でしたが、親戚が集まって食事の支度をしていました。このあたりの人は食事は冬でも基本的には玄関先や屋外で食べるのが普通です。
玄関の前にゴザを敷いて料理を並べて食べます。屋外に簡単な石造りのテーブルセットがあってそこで調理をします。父方の親戚も母方の親戚も近所なので毎回色々な人が集まってきていまだに覚えきれません。

タイの田舎で年末年始 その2_e0401354_19153391.jpg
食事が終わった後義妹の車で集落の広場に行きました。そこでは集落主催のパーティが行われていました。盆踊りのような感じで万国旗で四角形の囲いを作ってその前後に音響装置を配して音楽を流して中では近隣の人たちが踊っていました。会費制のようで軽食もふるまわれていました。チェンマイやパタヤなどでは派手に花火を打ち上げて新年を祝いますが田舎では小ぢんまりとした宴で年を越します。

タイの田舎で年末年始 その2_e0401354_19154004.jpg
年が明けて近くのメコン川沿いで週に二回開かれるというマーケットに行きました。どこから集まってきたかというほどみなさん車でやってきます。駐車スペースを探すのにうろうろしている車がいます。私らは幸いすぐそばに親戚の家があるので家の前に駐車させてもらって土手にあるマーケットへ向かいました。
タイの田舎で年末年始 その2_e0401354_19235847.jpg
野菜やメコン川で取れた魚など生鮮品が主でしたがほかにも洋服や雑貨、日用品などの店もでていてかなりにぎわっていました。土手の下には船着き場があって対岸のラオスとのあいだに渡し船が運航されています。ラオスの人たちもこのマーケットに売りに来ているのでかみさんはラオスマーケットと言っています。確かにタイよりも安く売られているものが多いようです。飲食できる屋台もでているので大人も子供も若い人たちも着ていて歩くのが大変でした。
タイの田舎で年末年始 その2_e0401354_19240228.jpg
一旦戻ったあとはブルーゴールドコーヒーに向かいました。かみさんによると花がきれいなところというので庭園の中にあるカフェに行くかと思っていましたが、道路標識にブルーゴールドコーヒーはこちらみたいな表示が出ていて、カフェじゃないのかなと。着いてみると植物園+動物園+プールのテーマパークでした。入場料も駐車料金も無料で、中を巡回しているカートや馬車などに料金がかかるようです。花に囲まれたゲートを入っていくと、確かにブルーゴールドコーヒーというカフェもありました。さっそく中に入って休憩です。田舎にしてはしゃれた作りでした。隣には馬場があって馬が歩いていました。園内を一周するカートに乗って感覚をつかんでから園内を散策しました。
タイの田舎で年末年始 その2_e0401354_19302144.jpg
植物園はまだ未完成のようで作りかけの園地もありましたが子供を連れて半日過ごすのにはよさそうなところです。地元の人しか知らないところで日本のガイドブックにはまず載っていないところです。フードコートもあってそこで食事をして戻りました。
タイの田舎で年末年始 その2_e0401354_19303670.jpg
タイの田舎で年末年始 その2_e0401354_19303342.jpg
田舎とはいえいろいろあるものだと思いましたが、車がないとどこにも行けないのが残念です。

# by seensaai | 2020-02-18 22:30 | タイ 田舎

タイの田舎で年末年始 その1

タイの田舎で年末年始 その1_e0401354_23022502.jpg
この数年は年末年始はタイのかみさんの田舎で過ごしています。仕事納めの終業後その足で空港に向かいバンコクへ。バンコクで一泊して翌日国内線に乗って1時間ほど。
そこから親戚の車で1時間半。国内線はLCCしか飛んでいないので遅延や欠航も頭に入れて前後1日余裕をもってプランを立てるので現地滞在は数日間と短くなってしまいますが、今回は日並びが良かったのでいつもよりゆっくり滞在できました。

タイの田舎で年末年始 その1_e0401354_23180229.jpg
初日、仕事が終わった後香港からタイ航空でバンコクへ向かいました。到着が遅れたのでホテルにはタクシーで向かうつもりでしたが、ぎりぎりのタイミングで機内預けのスーツケースが出てきたので、空港鉄道の終電に間に合いました。久々に乗ったらスーツケース置き場が設置されていました。ホテルはスクンビット通りのアソークにあるので最寄り駅はマッカサンなのですが、表通りに面していないのでタクシーが拾いにくく、タクシーに乗ったとしても右折できないため遠回りになります。そこでひとつ先のラチャプラロップ駅まで行ってタクシーを捕まえました。最初に来たタクシーは料金を吹っかけてきたので次のタクシーでそこそこの値段で行ってもらえました。結果ちょっと時間かかりましたが、空港から直接タクシーで行く場合の約半額で済みました。

タイの田舎で年末年始 その1_e0401354_23265536.jpg
宿泊したのはソイ23にあるタイパンホテルです。初めて利用したのですが、バスタブ、ヘアドライヤー、朝食付きという私の求める条件がそろってまあまあの値段でした。ただ、深夜は大通りに出る途中暗いところがあるので注意です。一晩寝て翌日向かったのがターミナル21ショッピングモールです。この中にdtac(タイの携帯電話会社)のショップがあってそこで持って行ったスマートフォンにタイのSIMをセットしてもらいました。スマホもタイSIM(インターネット)も初めてでしたが、なんとかセッティングを終えてホテルに戻りチェックアウトして、ドンムアン空港へ。バンコクはタクシーは比較的拾いやすいのですが市内からドンムアン空港はあまり需要がないらしく、乗車拒否されたり料金を吹っかけられたりするのが常です。アソークの大通りまで出てなんとかタクシーを捕まえて空港に向かいます。

タイの田舎で年末年始 その1_e0401354_23180765.jpg
ドンムアン空港からエアアジアに乗って1時間ちょっとで目的地であるナコンパノム空港に着きました。田舎の空港なのでタラップを使って降ります。スーツケースをピックアップして空港ビルに入ると、かみさんと親戚が迎えに来てくれていました。ナコンパノムは鉄道はおろかバス路線も発達していないので、誰かに迎えに来てもらわないと移動が困難なところです。県庁まで20分ぐらいさらにそこから1時間ぐらいでかみさんの田舎に着きました。

タイの田舎で年末年始 その1_e0401354_23453850.jpg







# by seensaai | 2020-02-09 19:12 | タイ 田舎

香港のハイキングコース~ウィルソントレイル

香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12572055.jpg
香港ではデモ騒動が予想外に長引いて休日の外出は控えていました。12月になって少し落ち着いてきたので久々にハイキングに出かけることにしました。
コースはMTR金鐘駅から6番のバスに乗ってウィルソントレイルバス停まで行き、そこから展望台までを往復するものです。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12484041.jpg
スタートは地下鉄金鐘駅。CI出口に出たら右側に少し歩くとバス停があるので、そこから6番のバス赤柱市場行に乗り込みます。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12502708.jpg
赤柱方面のバスはだいたい香港島を縦断するトンネルを抜けて南側に向かいますが、この6番バスだけは山を越えていきます。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12503376.jpg
出発して20分ほどで、ウィルソントレイルバス停に着きました。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_13140705.jpg


バス停のそばにハイキングコースの地図があります。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12525386.jpg
ハイキングコースは山登りの階段で始まりました。登り始めるとすぐに目指す観景台の案内板がありました。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12545381.jpg
この先も階段が続いています。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12551966.jpg
階段を上ること数分で水路沿いの道との交差点に出ました。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12552937.jpg
振り返るとこんな感じで海が見えます。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12570361.jpg
その先も階段ばかりで上に続いていました。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12571019.jpg
途中から汗だくになって休み休みしながら階段を上り続けてようやく観景台に着きました。歩き始めてから25分。へとへとです。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12572055.jpg
展望台からの景色です。赤柱半島と海です。晴れていればもっと感動的な眺めなのですが。雲が取れてくれませんでした。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12571531.jpg
ベンチがあったのでここで休憩。水分補給をしました。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12593746.jpg
帰りは階段くだりなので行きよりも楽かと思ったら逆でした。歩いているうちに膝が痛くなってしまい、ゆっくりと降りていきます。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_12594222.jpg
20分ほどでウィルソントレイルバス停まで下りてきました。最後の5分ぐらいは膝が言うことを聞かず階段を一段一段降りていくというありさま。日ごろの運動不足のつけが回ってきました。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_13023408.jpg
帰路は260番のバスでした。海富中心というバス停で降りると金鐘駅付近に出ます。
香港のハイキングコース~ウィルソントレイル_e0401354_13023856.jpg
バス停前のビルの地下が地下鉄駅の出入口でした。1時間も歩いていないのに異常に疲れたハイキングでした。



# by seensaai | 2019-12-29 13:08 | 香港

2019 東京一時帰国

2019 東京一時帰国_e0401354_11220015.jpg
3連休を利用しての一時帰国してきました。
職場は日本のカレンダー通りで、夏休みや有給休暇が実質上とることができません。なので日本に帰ることができるのは連休の時だけです。本来なら年末が比較的長いので時期としては良いのですが、友人たちと会うことができないし、寒さが苦手なのでこのところはGWがメイン。今年はGWはスイスに行ってしまったので秋の3連休に弾丸帰国となりました。
-----------------------------------------------------------------------
    日程

金曜日 深夜  24:54(つまり土曜日の0:54)HKG発

土曜日      6:00 HND着
         9:25 リムジンバスで調布→自宅着
        10:30 自宅発
        12:00 築地市場
        15:00 墓参り(両国)
        18:00から20:30 食事会(四谷)
        22:00 帰宅

日曜日     13:10 自宅発  
        16:00から20:30 飲み会(新宿)
      
月曜日     11:00 自宅発
        12:00から13:10 家族と食事会(新宿)
        14:40 新宿発 成田エクスプレス
        18:20 NRT - 21:50 HKG
        23:10 香港の自宅着

---------------------------------------------------------------------

2019 東京一時帰国_e0401354_11295252.jpg
全日空の羽田行き、座席は2+3+2なので深夜便で二人連れにはありがたい配置です。ただ飛行時間が5時間しかなくて食事も出るので睡眠時間が取れないのがきついです。そのうえ映画を見ちゃったので機内では1.2時間しか寝ることができませんでした。
2019 東京一時帰国_e0401354_11300105.jpg
羽田に着いたらリムジンバス&京浜急行乗り場案内に従って進んでいくと左手にATMがあるので、ここで香港で両替してきた日本円を入金します。香港ドル日本円の場合日本に戻ってきてから両替するよりも、香港で日本円に両替したほうがレートが良いのです。そしてこの通路の奥にwifiレンタルの窓口があるので、予約していたルーターを借ります。
2019 東京一時帰国_e0401354_11301361.jpg
いつもは羽田から京浜急行→山手線→小田急線を乗り継いで帰るのですが今回はリムジンにしました。当初は新宿行きに乗るつもりだったのですが、出発したちょくごだったので実家に比較的近い調布駅行きに乗りました。車内では爆睡、少しは睡眠取れました。ですが、調布からのタクシーがなかなか来ないので路線バスで帰りました。結果的には次の新宿行リムジンバスまで待って小田急線の駅からタクシーのほうが楽だったみたいです。
2019 東京一時帰国_e0401354_11390913.jpg
実家で荷解きをしたら休憩する間もなく出発です。京王線と都営地下鉄を乗り継いで築地市場に向かいます。いつもは土曜夜着、月曜朝初の日程で一時帰国するので平日しかやっていない築地市場による機会がなかったのですが、土曜日なら少しは開いている店があるというので眠い目をこすりながら行ってきました。
2019 東京一時帰国_e0401354_11392116.jpg
築地を訪れたのは10年ぶりぐらいですが、様変わりしていました。すっかり観光地化していて日本人よりも外国人観光客が多いぐらい。いろいろな国の言葉が聞こえてきました。
2019 東京一時帰国_e0401354_11395132.jpg
食堂が増えたのも大きな変化でした。食べ歩き用の串ものを売っている店なんて昔はなかったです。
2019 東京一時帰国_e0401354_11395690.jpg
昼食は「すしざんまい」で。10分ぐらい待たされました。中国人の団体の予約が入っていてどんどん入っていきます。築地に来るお客さんは贅沢なんですね。値段が値段ですので一人前と単品をいくつか頼んで3人でシェアしました。

2019 東京一時帰国_e0401354_11400679.jpg
築地場内市場の店は全部豊洲に移ってしまったと思っていたら一部の店は築地に残っていてアーケードの中で営業していました。土曜日の午後だったので半分ぐらいは店を閉めた後だったのですが、佃煮や干物をお土産に買って帰りました。
2019 東京一時帰国_e0401354_11495757.jpg
帰りも大江戸線を利用してお墓のある両国に向かったのですが、築地市場駅ってくるときは市場近くの出口に登りエスカレータがあるのですが、帰りは階段しかないのです。築地によく来る母親が何度も周囲を探索した結果がんセンターまで歩くとエレベータがあるのを知っていたのでがんセンターまで土産を買ったカートを引っ張ってエレベータに乗りました。築地といえば外国人観光客にとってはかなり有名なところなのでお土産もたくさん買うはずです。最寄りの出口に下りエスカレータもエレベータもないとは、おもてなし、ができていないとしか言えませんね。

2019 東京一時帰国_e0401354_11533173.jpg
夕方から学生時代の仲間と食事会でした。会場の四谷には早めに行って「ルノアール」で休憩、というか仮眠を。疲れて一休みというときにはルノアールのゆったりした椅子は助かります。
2019 東京一時帰国_e0401354_11552108.jpg
食事会はホテルの地下にある「ステーキザファースト」。コースだったのですが、メインのステーキが最後のほうに出てきておなかがパンパンになりました。数十年ぶりに会う人もいて盛り上がりました。ただ寝不足で体内時計が戻っていなかったこともあり、ビールは二敗しか飲めなかったのが残念でした。

2019 東京一時帰国_e0401354_11575723.jpg
日曜日は午後から新宿にでてビックカメラ。こまごまとした電気製品のほかに、傘、薬などもそろっているので一時帰国の際に寄るのが定番になっています。ポイントカードも一つに絞って期限切れを防ぐのも狙いです。そのあとは友人と待ち合わせて「はなの舞」で飲み会。ひとり急用ができて参加できなかったのは残念でしたが、友人はタイ語ができるのでかみさんも話に参加できて楽しく過ごさせてもらいました。帰りに地元のスーパーに寄ってお土産を調達して帰宅しました。
2019 東京一時帰国_e0401354_11582275.jpg
最終日は昼に妹一家と待ち合わせて新宿、京王プラザホテルにある「ふもとや」。蕎麦屋ですが定食も充実していて値段もリーズナブル。駅からスーツケースを引っ張っていくとやや時間がかかりますが、行は京王プラザ側の地下道、帰りは反対側の地下道を通ると
エスカレータが利用できるので比較的楽に移動できます。
2019 東京一時帰国_e0401354_11584094.jpg
14:40発の成田エクスプレスで成田空港に向かいます。
2019 東京一時帰国_e0401354_12050161.jpg
成田空港に着いたら借りていたwifiルータを返却して、DFSで最後のお買い物。wifiルータは羽田で借りて成田で返却ということもできるので一時時刻者には便利です
2019 東京一時帰国_e0401354_12063804.jpg
香港のアパートに戻ったのは23時過ぎです。香港は近いようで結構時間がかかります。成田空港まで2時間以上かかるのでなんだかんだ半日係になります。
今回も友人たちからお土産をたくさんいただきました。ありがとう。

おわり

タグ:
# by seensaai | 2019-10-27 12:13 | 日本